მომხმარებელი:მარწყვი1515/test1: განსხვავება გადახედვებს შორის

შინაარსი შეიცვალა 'xxxxxxxxxxxxxxxxx ==test1=='-ით
(შინაარსი შეიცვალა 'xxxxxxxxxxxxxxxxx ==test1=='-ით)
 
xxxxxxxxxxxxxxxxx
==test1==
{{ウィキプロジェクトリンク|性}}
[[File:Thucydides-bust-cutout ROM.jpg|150px|right]]
'''トゥキディデス'''([[ギリシャ語|希]]:{{lang|el|'''Θουκυδίδης'''}}、ラテン文字表記:Thukydides/Thucydides、[[紀元前460年]]頃 - [[紀元前395年]])は、古代[[アテナイ]]の[[歴史家]]で、[[オロロス]]([[:en:Olorus|Olorus]])の子である。
 
代表作は[[ペロポネソス戦争]]を実証的な立場から著した『'''[[戦史 (トゥキディデス)|戦史]]'''』である。[[トゥキディデス]]はこの戦争に将軍として一時参加したが、[[紀元前422年]]の[[トラキア]]・[[アンフィポリス]]近郊での失敗により失脚、20年の[[追放刑]]に処された。このためスパルタの支配地にも逗留したことがあり、この経験によって双方を客観的に観察することができたとも言える。
 
なお今もって理由は不明だが、トゥキュディデス『戦史』の記述は[[紀元前411年]]の記述で止まった(それ以降も彼は生き続けたので、少なくとも中断は死によるものではない)。後に哲人[[ソクラテス]]の弟子[[クセノポン]]が、中断部分から筆を起こし[[紀元前362年]]までを記録した『[[ギリシア史]]』(『ヘレニカ』とも言う、訳書は<西洋古典叢書>)を著し、ペロポネソス戦争の記録を完成させた。
 
……[[もっと読む|トゥキディデス]]
 
[[トゥキディデス]] 2013年10月23日 (水) 13:26
 
==test==
[[file:Ludwig Wittgenstein 1910.jpg|150px|right]]
'''ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン'''({{lang-de-short|Ludwig Josef Johann Wittgenstein}}、[[1889年]][[4月26日]] - [[1951年]][[4月29日]])は、[[オーストリア]]に生まれ主に[[イギリス]]で活躍した[[哲学者]]である。後の[[言語哲学]]、[[分析哲学]]に強い影響を与えた。初期の著作である『論理哲学論考』に含まれる「語り得ぬものについては沈黙しなければならない」という命題は、一般にも有名な言葉の一つである。
 
[[イギリス]]にある[[ケンブリッジ大学]]・[[トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)|トリニティ・カレッジ]]の[[バートランド・ラッセル]]のもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作『[[論理哲学論考]]』に哲学の完成をみて哲学の世界から距離を置く。その後、小学校教師になるが、生徒を虐待したとされて辞職。トリニティ・カレッジに復学してふたたび哲学の世界に身を置くこととなる。やがて、ケンブリッジ大学の教授にむかえられた彼は、『論考』での記号論理学中心、言語間普遍論理想定の哲学に対する姿勢を変え、コミュニケーション行為に重点をずらしてみずからの哲学の再構築に挑むが、結局、これは完成することはなく、癌によりこの世を去る。62才。生涯独身であった。なお、こうした再構築の試みをうかがわせる文献として、遺稿となった『[[哲学探究]]』がよく挙げられる。そのため、ウィトゲンシュタインの哲学は、初期と後期が分けられ、異なる視点から考察されることも多い。
 
……[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン|もっと読む]]
 
[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン]] 2013年10月30日 (水) 03:44‎
31

რედაქტირება