მომხმარებელი:მარწყვი1515/test1: განსხვავება გადახედვებს შორის

 
[[イギリス]]にある[[ケンブリッジ大学]]・[[トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)|トリニティ・カレッジ]]の[[バートランド・ラッセル]]のもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作『[[論理哲学論考]]』に哲学の完成をみて哲学の世界から距離を置く。その後、小学校教師になるが、生徒を虐待したとされて辞職。トリニティ・カレッジに復学してふたたび哲学の世界に身を置くこととなる。やがて、ケンブリッジ大学の教授にむかえられた彼は、『論考』での記号論理学中心、言語間普遍論理想定の哲学に対する姿勢を変え、コミュニケーション行為に重点をずらしてみずからの哲学の再構築に挑むが、結局、これは完成することはなく、癌によりこの世を去る。62才。生涯独身であった。なお、こうした再構築の試みをうかがわせる文献として、遺稿となった『[[哲学探究]]』がよく挙げられる。そのため、ウィトゲンシュタインの哲学は、初期と後期が分けられ、異なる視点から考察されることも多い。
 
……[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン|もっと読む]]
 
[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン]] 2013年10月30日 (水) 03:44‎
31

რედაქტირება