მომხმარებელი:მარწყვი1515/test1: განსხვავება გადახედვებს შორის

არ არის რედაქტირების რეზიუმე
==test1==
{{ウィキプロジェクトリンク|性}}
[[File:Thucydides-bust-cutout ROM.jpg|150px|right]]
'''トゥキディデス'''([[ギリシャ語|希]]:{{lang|el|'''Θουκυδίδης'''}}、ラテン文字表記:Thukydides/Thucydides、[[紀元前460年]]頃 - [[紀元前395年]])は、古代[[アテナイ]]の[[歴史家]]で、[[オロロス]]([[:en:Olorus|Olorus]])の子である。
 
代表作は[[ペロポネソス戦争]]を実証的な立場から著した『'''[[戦史 (トゥキディデス)|戦史]]'''』である。[[トゥキディデス]]はこの戦争に将軍として一時参加したが、[[紀元前422年]]の[[トラキア]]・[[アンフィポリス]]近郊での失敗により失脚、20年の[[追放刑]]に処された。このためスパルタの支配地にも逗留したことがあり、この経験によって双方を客観的に観察することができたとも言える。
 
なお今もって理由は不明だが、トゥキュディデス『戦史』の記述は[[紀元前411年]]の記述で止まった(それ以降も彼は生き続けたので、少なくとも中断は死によるものではない)。後に哲人[[ソクラテス]]の弟子[[クセノポン]]が、中断部分から筆を起こし[[紀元前362年]]までを記録した『[[ギリシア史]]』(『ヘレニカ』とも言う、訳書は<西洋古典叢書>)を著し、ペロポネソス戦争の記録を完成させた。
 
……[[もっと読む|トゥキディデス]]
 
[[トゥキディデス]] 2013年10月23日 (水) 13:26
31

რედაქტირება